ベジママ

ベジママで生理周期が整う!?改善効果と口コミまとめ

更新日:

ベジママ

中々妊活が上手くいかない方の中には、生理周期や基礎体温が不安定で悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

毎月の生理が安定しないとタイミングも取りにくく、妊娠する確率も低くなります。

そんな生理不順で悩んでいる方々に、「生理周期が整った」として支持されているのがベジママです。

それでは実際ベジママを飲んでどの位で生理周期が安定し、何週目で妊娠できたのでしょうか?

本当に生理周期を改善させることができるのでしょうか?

この真相について、口コミやベジママの成分を元に解説していきます。

何週期目で生理周期が安定した?皆の口コミ

ベジママを4カ月前から飲んでいますが、生理周期が安定してきました。
半年くらいベジママを飲んでいました。多嚢胞だったのですが、飲み始めてから基礎体温が上がってグラフも安定してきました。
多嚢胞で3カ月飲んでいますが、基礎体温が高くなってきました!
2年以上排卵しなかったのに、ベジママを飲み始めてから4カ月目で排卵するようになり、それから3カ月後に妊娠しました。
多嚢胞で排卵がなかったのですが4カ月で自然排卵し、その翌月に妊娠しました。
多嚢胞で1年半治療を続けていましたが、ベジママを併用してから3カ月目で授かれました。

妊娠成立にはタイミングがあるため一概には言えませんが、飲み始めてから3~4カ月で生理周期が整ったり、排卵が起こるようになった方が多いようですね。

細胞が入れ替わるサイクルは約3~4カ月と言われています。ベジママも、少なくとも3カ月は様子を見ることをおすすめします。

関連記事『ベジママの効果口コミに多い5つのポイント

ベジママで生理周期が安定する理由

カレンダー

ベジママは多嚢胞性卵巣症候群の効果が期待されるサプリです。そのため、排卵障害が治ることで生理周期も安定し、タイミングが取りやすくなり妊娠に繋がった方が多いようです。

しかし口コミを見ていると、多嚢胞性卵巣症候群でなくても生理周期や基礎体温が整い、妊娠しやすくなったとの声もあります。それには以下の2つの成分が生理周期の改善に関わっているようです。

ベジママの主成分ピニトールで冷え性改善

アイスプラント

血糖値が高い状態が続くと体の冷えを感じることがあります。ブドウ糖が血液中の成分とくっついて塊になってしまい、毛細血管の中を通れなくなるからです。

その結果、血行不良を起こし冷え性に繋がります。血糖を処理してくれるホルモンはインスリンですが、ピニトールは植物性インスリン様物質と言われており、同じように血糖値を下げる働きがあります。

実際ベジママを飲み始めてから「冷え性が治った」「体がポカポカしてきた」という嬉しい報告も多いです。

妊娠に関わる女性ホルモンは卵巣から分泌されるため、冷えて血流が滞るとホルモンの出が悪くなり生理不順に繋がります。生理周期を整えるためにも、冷え性には注意して下さいね。

関連記事『ベジママのピニトールで不妊を解消

ビタミンEで着床率アップ

子宝ビタミンと言われるほど妊活に大切なビタミンEですが、ベジママにはこのビタミンEも豊富に含まれています。

ビタミンEが黄体ホルモンの原料に

ビタミンEは女性ホルモンの一つである黄体ホルモンを作る作用があります。黄体ホルモンは排卵後の基礎体温を上昇させて高温期を維持し、子宮内膜を厚くして受精卵を着床しやすくするホルモンです。

黄体ホルモンが少ないと高温期を維持できず、受精卵が着床しづらかったり生理不順の原因にもなったりします。

ビタミンEで血行改善

ビタミンEには血行を良くする働きもあります。卵巣や子宮にホルモンや栄養が行き届くようになるため、結果として生殖機能の改善に繋がります。こうした働きで基礎体温が整い、生理周期も安定するようになります。

ベジママは生理周期の改善に効果が期待できるサプリ

目覚めの女性

多くの口コミにもあるように、ベジママはピニトールやビタミンEの働きで生理周期を整える効果が期待できます。

体内環境が整えば、以前よりぐっと妊娠できる確率が上がりますよ。

  • 生理周期が不安定な方
  • 基礎体温グラフがガタガタしている方
  • 高温期の体温に不安がある方

こんな悩みを抱えている方は、一度ベジママをチェックしてみて下さいね☆

人気の葉酸サプリおすすめランキングへ

-ベジママ

Copyright© 葉酸ハピネス , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.