葉酸サプリ

 

葉酸サプリって色々ありすぎてわからない…

いざ妊娠するとなると、たくさんありすぎて迷ってしまいますよね。

この記事では、妊婦さんから人気の葉酸サプリ5つをランキング形式でご紹介しています。

大事な4つのポイントと合わせて書いていますので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

 

葉酸サプリ選びで大事な4つのポイント

  1. 合成葉酸を配合しているか
  2. 安全性の高い成分か
  3. 第三者機関による検査を行っているか
  4. 継続して購入できる価格帯の商品か

葉酸サプリを選ぶ際に重視して欲しい点は主成分の葉酸と安心して飲める商品かどうかです。

あと葉酸サプリは継続して摂取して欲しい商品なので続けて購入できる価格帯のモノを選びましょう。

葉酸には天然葉酸と合成葉酸の2種類があり、厚生労働省は合成葉酸を勧めています。

その理由は天然葉酸と合成葉酸の吸収率を比較すると天然葉酸は半分程の吸収率しかありません。

正しい葉酸の選び方を理解した上で葉酸サプリを選びましょう。

葉酸サプリおすすめランキング

  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸

     

    ベルタ葉酸は無添加で安全性の高い商品で、100%酵母葉酸の他にも鉄分、6種類の美容成分、20種類のアミノ酸、21種類の野菜、カルシウム、ビタミンミネラルと妊娠中に必要な栄養素の他に美容成分が配合されているのが特徴です。

    ベルタ葉酸サプリは国産で品質がいいので1ヶ月分が5980円と少々お値段は高めですが、公式サイトの6ヶ月定期便なら3980円で購入できます。

    元気な赤ちゃんを出産しました!

    妊活中からずっとベルタ葉酸サプリのお世話になっています。

    そのおかげかつわりも酷くならず、中期から後期にかけての貧血もならずに済みました。

    無事に赤ちゃんを出産し、元気にすくすく育っています!

    詳細ページをみる

    公式サイトはこちら

  2. ベジママ

    ベジママ

     

    ベジママの特徴は葉酸プラス妊活を支える成分として血行促進効果があるマカ、体のリズムを良くするたんぽぽエキスが配合されています。

    その他にも不妊治療に効果があるピニトール、内側からキレイにするルイボス、あとはビタミンが含まれています。

    ベジママは無制限の全額返金保障があるので安心して試すことが出来ます。

    定価5500円の商品が定期コースなら初回半額2750円、2回目以降も15%オフで購入することが出来、購入回数の条件がないのが魅力です。

    ピニトール配合

    「酷い生理不順で悩んでいました。排卵の周期を整えて妊娠できるように、ピニトール配合のベジママを選びました。

    無添加・無農薬で安全性が高いところも選んだ理由の一つです。

    無味無臭ではありませんが、これも慣れれば大丈夫でした。

    ベジママを飲み続けて3ヶ月くらいで生理周期が整ってきて、その後半年ほどでようやく赤ちゃんを授かりました。」

    詳細ページをみる

    公式サイトはこちら

  3. ララリパブリック

    ララリパブリック

     

    ララリパブリックはかなりコスパがいい商品で、定価が3980円で、定期コースだと2980円なので続けやすいのが魅力です。

    また妊婦のことを考えてサプリは小粒で無臭だからつわりの酷い時期でも飲みやすいサプリと言えます。

    さらにララリパブリックは国内GMP認定工場で厳重な品質、衛生管理を徹底しているので安全性が高いので安心です。

    またララリパブリックには葉酸の吸収率をアップするビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、妊娠中に不足しやすい鉄分、カルシウム、国産の8種類の野菜パウダーが配合されています。

    貧血対策に

    こちらの商品を飲み始めてから1周期目にめでたく陽性となりました。

    現在は妊娠中ですが、変わらず飲んでおり、関係しているかはわかりませんが周りの妊婦さんのように貧血がしたりという症状もなく、とても安定した妊娠期間を過ごしていると思います。

    詳細ページをみる

    公式サイトはこちら

  4. ママニック

    ママニック

     

    ママニックの特徴はなんといっても配合成分が多い点を挙げることが出来ます。

    葉酸をはじめカルシウム、ミネラル、アミノ酸、ビタミン、鉄分といった妊娠中に必要な栄養素にプラスして妊娠中は便秘になりやすいので乳酸菌も含まれています。

    さらに美容成分として有胞子性乳酸菌、ザクロ果実、つばめの巣など8種類、大麦若葉、ケール、さつまいも、ホウレン草などの安心な国産野菜が原料に使用されています。

    そんなママニックの定価は5,000円、定期コースだと3500円で購入することが出来ます。

    また無添加で安心して飲める上に15日間全額返金保証も実施しています。

    飲みやすい

    「栄養がたくさんとれる点と、乳酸菌が入っていると赤ちゃんのアトピー発症率が低くなるとどこかで聞いたことがあるのでこちらにしました。

    匂いも味も気にならないので、妊娠後期までつわりが続いた私でも飲みやすかったです。

    おかげさまで赤ちゃんも元気です。ありがとうございました!」

    詳細ページをみる

    公式サイトはこちら

  5. AFC葉酸

    AFC葉酸

     

    AFC葉酸は多くの雑誌やテレビで取り上げられている知名度の高い商品で最大の特徴はその安さにあるということが出来ます。

    定価が1800円で6個まとめて購入するとさらに20%オフとなりお得になります。

    配合されている成分は葉酸、カルシウム、鉄分、8種類のビタミンと4種類のミネラルで美容成分等は含まれていないので最低限必要なモノだけを配合しその分低コストを目指しているサプリと言えます。

    といっても日本国内で生産されていて、放射性セシウム検査を実施しているので安全性については心配はいりません。

    口コミでの評価も高く累計発売数332万個と人気が高い商品です。

    コスパが良いです。

    沢山葉酸サプリがある中で、どこのメーカーにするか悩みましたが、安心できるメーカーであることと続けやすい価格でこちらの商品に決めました。

    妊活中から妊娠中ずっと飲み続けるとなるとサプリ代だけで負担なので、これくらいのお値段だとありがたいです。

    詳細ページをみる

    公式サイトはこちら

人気の葉酸サプリを比較

商品名 ベルタ
葉酸
ベジママ ララリパ
ブリック
ママ
ニック
AFC
葉酸
単品価格 5,980円 5,940円 3,980円  5,400円 1,944円
定期価格 3,980円 初月2,970円
以降5,054円
2,980円 3,780円 1,555円
1日あたり 132円 初月99円
以降168円
99円 126円 52円
葉酸 400μg
合成葉酸
400μg
合成葉酸
400μg
合成葉酸
400μg
合成葉酸
400μg
合成葉酸
内容量 120粒
30日/4粒
120粒
30日/4粒
120粒
30日/4粒
124粒
31日/4粒
120粒
30日/4粒
飲みやすさ 粒:小
匂:無
粒:小
匂:無
粒:小
匂:無
粒:小
匂:無
粒:小
匂:無
ビタミンB12 あり 20μg 2μg 2.1μg 2μg
ビタミンB6 3.23mg 10mg 1.1mg 1.1mg 1.4mg
鉄分 20mg なし 10mg 15mg 10mg
カルシウム 232mg なし 210mg 250mg 200ml
放射能 チェック済 チェック済 チェック済 チェック済 チェック済
返金保証 なし 全額返金 なし 全額返金
15日間
なし
レビュー
公式

 

数ある葉酸サプリの中から何を基準に商品を選べばいいのか分からないといった人の為に正しい葉酸サプリの選び方を紹介します。

ポイントは合成葉酸か、安全性の高い成分、第三者機関により検査をしているか、続けやすい価格帯かどうかです。

お勧めの葉酸サプリとして美容成分も含んでキレイを目指せるベルタ葉酸サプリ、妊活成分たっぷりのベジママ、 安全性が高いララリパブリック、配合成分が多いママニック、コスパが最強のAFC葉酸を挙げることが出来ます。

葉酸サプリの効果

胎児

妊活中と妊娠中で、葉酸サプリがもたらす効果は違います。まず妊活中ですが、胎児の神経管閉鎖障害のリスクを減らす効果が期待できます。

神経管がむき出しになり、背中から脊髄等が飛び出してしまうのが神経管閉鎖障害で、これになると胎児が奇形になってしまうんです。

妊活中から葉酸サプリを摂取し続ける事で、胎児が奇形になるリスクを減らせます。そして、妊娠中の悩みの一つが、貧血ですよね。

貧血の原因の一つに正常な赤血球が生成されてないという事がありますが、葉酸は赤血球の生成を促す効果があるので、妊婦さんに起こりやすい貧血の予防に効果的なんです。

そして、赤ちゃんを包み込む羽毛といってもいい子宮内膜。葉酸サプリにはこれの生成を助ける効果が期待でき、お腹の中の赤ちゃん、そして着床前の受精卵を大事に守ってくれます。

また、子宮内膜の強化・流産の原因になる神経管閉鎖障害等の先天性異常のリスクを減らせるので、流産を防ぐ効果も期待できるんです。

妊活・妊娠中に必要な葉酸の摂取量

妊活中と妊娠中で、必要な葉酸摂取量も違います。まず妊活中ですが、通常の推奨葉酸摂取量240μgに加えて、追加で400μgが必要になります。

そして妊娠中ですが、400μgよりも多い480μgの葉酸摂取を厚生労働省は推奨しています。

480μgもの葉酸を食事から摂取するのはまず無理なので、葉酸を摂取するなら葉酸サプリがおすすめなんです。

葉酸の過剰摂取には注意

妊娠中は葉酸の摂取に過敏になり過ぎるせいで、つい過剰に摂取しがちです。しかし、葉酸の過剰摂取は体に負担がかかり危険なんです。

まず、葉酸過敏症になる恐れがあります。葉酸過敏症は、吐き気や発熱、蕁麻疹等、体に悪影響が出てくる症状です。

呼吸障害にもなるので、重病化してしまうと母体にもお腹の赤ちゃんにも危険なんです。そして、葉酸の過剰摂取は赤ちゃんの発育にも良くないんです。

近年、オーストラリアでは妊娠後期に葉酸を過剰摂取していた場合、4歳までに幼児が小児喘息になるリスクが高くなるという結果が出ました。

必ずというわけないですが、それでも赤ちゃんの発育に悪影響を与えるリスクはあります。

通常、葉酸は1,000μgを超えると過剰摂取といわれているので、妊娠中に葉酸を摂取する時は1,000μgを超えないように気を付けてくださいね。

葉酸サプリはいつからいつまで飲むの?

葉酸サプリはいつから飲み始めて、いつ頃まで飲み続ければいいのか?わかり辛いですよね。

まず飲み始めですが、それは妊活中からです。先ほど紹介したように、妊活中から葉酸サプリを摂取すると神経管閉鎖障害のリスクを減らせるので、妊活中から葉酸サプリは飲むべきです。

妊娠初期は当然として、妊娠中期・後期も葉酸サプリは必要になります。そして、気になる出産後ですが、出産後でも葉酸サプリは必須です。

なぜなら、葉酸は赤ちゃんの発育に大事な栄養素なので、母乳から葉酸を赤ちゃんに届けなければいけないからです。

その為、母乳を作るママさんが葉酸サプリを飲むのが大事なんですね。赤ちゃんが卒乳した時、葉酸を気にする必要はなくなります。

つまり、葉酸サプリを飲む期間は妊活中から卒乳まで、という事ですね。

妊娠初期・中期からでも遅くない?

葉酸サプリは、妊娠初期・中期からでも十分に間に合います。

まず妊娠初期ですが、この時期は赤ちゃんが神経管閉鎖障害になるかならないかの時期なので、葉酸サプリを飲み始めたら神経管閉鎖障害のリスクを減らすことが出来るんです。

そして妊娠中期ですが、この時期でも遅すぎる事はありません。葉酸サプリで効果が期待できる貧血予防、これは妊娠中期から飲み続けてもしっかり効果を発揮してくれます。

妊活中から飲んでいないからといって、今更葉酸サプリを飲んでも遅いという事はありません。

葉酸は赤ちゃんが産まれた後も大事になる栄養素なので、今からでも葉酸サプリを飲み始めましょう。

妊娠中でつわりがひどくても葉酸サプリを飲める?

つわりが酷い場合でも、葉酸サプリは安心して飲めます。むしろ、葉酸サプリにはつわりの症状を軽減する効果が期待できるんです。

多くの葉酸サプリにはビタミンB6が配合されていますが、これは酔い止めにも使われている成分で吐き気を抑える働きがあります。

その為、つわりが酷い場合でも葉酸サプリを摂取すれば、症状の軽減が期待できるんです。ただし、あまりにつわりがキツイ場合は無理して葉酸サプリを飲む必要はありません。

体に負担を掛けないように、無理せずに葉酸サプリを飲みましょう。

もう一度ランキングをみる