葉酸ってなに?妊婦さんに葉酸が必要な理由と葉酸の役割について

妊娠に関する雑誌やサイトを見ていると、葉酸のサプリの記事や、葉酸を摂取することを勧める記事がたくさん目にとまりませんか。
実は、葉酸は妊娠と深く関係している栄養素なのです。今回はその理由を簡単に説明しますね。
葉酸ってそもそもなんでしょうか
葉酸は、実はビタミンB群の仲間の一つです。
その名の「葉」が連想させる通り、野菜やかんきつ類といった果物の他、レバーに含まれている栄養素です。
葉酸は、水溶性のビタミンであり、水に溶けやすい上、熱で壊れやすい栄養素です。そのため、代謝の過程や調理方法等によってはそのままの量で体に吸収されることはほとんどありません。残念ながら食物含有量のおよそ半分程度しか体内に取り込めないと言われています。
葉酸の働きとは?
妊娠超初期や妊娠初期は、赤ちゃんが体を作ろうとして活発に細胞分裂を繰り返しています。ママである妊婦さんは、赤ちゃんのためにたくさんの栄養素をまんべんなく摂らなくてはいけません。
その栄養素の中でも葉酸は、細胞を増殖させるために必要なDNAを合成する過程で必要な栄養素なのです。葉酸は、細胞分裂を正常に行うサポートをする働きを持っているのです。
葉酸が少ないとどうなってしまうのでしょうか?
妊娠超初期や妊娠初期の赤ちゃんは、細胞分裂を繰り返し体の神経や血管等基礎となる部分を作っています。この時期に妊婦さんの体の中の葉酸が不足していると、体を作る段階で赤ちゃんに先天性障害が起こるリスクが高まってしまいます。しかし、十分に葉酸が妊婦の体にあれば、そのリスクを減らせると言われているのです。例えば、先天性奇形や二分脊椎症、無脳症、口唇裂・口蓋裂といった先天性障害を予防できるのです。
一日に必要な量は?おすすめの摂取方法は?
葉酸の摂取量は、日本で約0.36mgから0.4mgと推奨しています。たくさん摂れば良いという栄養素ではありません。葉酸の過剰摂取はビタミンB12欠乏症の診断をつきにくくする影響もあり、適切な量をきちんと摂取することが大切です。
そして、前述したように葉酸は水溶性で熱に弱いため、普通の食事では確実に葉酸を摂取することはなかなか難しいのが現状です。そのため、栄養補助食品やサプリメントを有効に活用することをおすすめします。手軽にストレスなく摂取できるので、妊婦さんに人気です。
まとめ
葉酸は、赤ちゃんの細胞分裂を正常に行うためのサポートする役割を持っており、十分に摂取することで先天性障害を引き起こすリスクを軽減させることができます。
確実な葉酸の摂取には、サプリメント等を用いることが簡便でおすすめです。