葉酸の摂取で、赤ちゃんの神経管の正常な発達を促しましょう

妊娠初期には、赤ちゃんのために積極的に葉酸を摂取しましょう。そうすることで、赤ちゃんの神経管の正常な発達が促されやすくなるのです。
ここでは、その具体的な効果と摂取の時期、摂取量とをご説明します。
▼神経管の発達はとても重要
神経管は、脳や脊椎のもととなります。胎児の時にこれがうまく形成されないと、脳はもちろん、脊椎からつながる手足もうまく発達しなくなります。
すると赤ちゃんは、無脳症や二分脊椎症といった神経管閉鎖障害を持って生まれてくる可能性が高くなります。無脳症の場合は、生まれた後、生命を維持することさえ難しいとされています。二分脊椎症の場合は、生命は維持できますが、下半身をうまく動かすことができません。そのため赤ちゃんは、歩行や排せつで苦労することになります。
しかしこういった神経管閉鎖障害は、葉酸を摂取することで防がれやすくなるのです。
▼葉酸を摂取する時期
赤ちゃんの神経管は、妊娠5~6週目頃に完成します。ということは、それまでに葉酸をしっかりと摂取し、神経管の発達を促しておく必要があるということです。
妊娠週数は、妊娠前の生理が始まった日から数えることになります。そのため妊娠5~6週目というと、ちょうど次の生理が終わる時期に該当します。生理が来なかったことから、妊娠したかもしれないと察しがつく時期なのです。
その頃には、既に赤ちゃんの神経管は完成間近になっています。つまり妊娠に気付いてから葉酸の摂取を始めても、遅いということです。
そのため葉酸は、妊娠の可能性がある時期、あるいは子作りを開始した時期から摂取するようにしましょう。
▼葉酸の摂取量
神経管閉鎖障害を防ぐためには、1日に1日400μgの葉酸を摂取することが大事です。この摂取量を守ることで、確実に神経管閉鎖障害が防がれるわけではありません。しかし、防止の可能性は高まりやすくなります。
そのため赤ちゃんの正常な発達を希望する女性は、葉酸が含まれている食べ物、そしてサプリメントなどを利用して、毎日400μgを目安に摂取しましょう。