葉酸はダウン症発症と関係あるの?それについて知りたい!

葉酸は、妊娠をしている人に飲むことは勧められている栄養素です。厚生省も葉酸を妊娠時に摂取することを推奨しています。その理由として、葉酸は様々なメリットを感じることができるからです。特にその中でも、ダウン症と葉酸についてよく取り上げられています。そこでここでは、葉酸とダウン症の関係についてご紹介します。
・ダウン症とは
ダウン症とは染色体異常により起こる精神的な発達の遅れなどが見られる状態です。ダウン症の人は奇形などを伴うことがあり、平均寿命が短いことが挙げられています。そして、その確率としては少ないのですが、高齢出産になるほど確率が高いということがわかっているのです。そのため、妊娠早期に染色体検査をする人もいます。
・葉酸の役割
葉酸は、様々なメリットを感じることが出来る栄養素です。そしてその中でも特に注目をされているのは、妊娠初期に関わることなのです。それは、なんといっても妊娠初期の赤ちゃんの細胞増殖などに関わっているということです、そのため、不足をするとちょっと心配ですね。そんなところからも、葉酸を妊娠時に勧めていることがわかります。
妊娠をして一番心配することとして、無事に赤ちゃんが生まれてくることではないでしょうか。母親は、常にそのことについて心配しています。そしてなんとか栄養をとって、そのことを安全に進めたいと思っているのです。安心出来る妊娠を継続させるためには、葉酸は欠かせないものと言えますね。
・葉酸を取るとダウン症を防ぐことが出来る?
葉酸を取ることにより、ダウン症を防ぐことができるのか、一番気になるところですね。もしも完全に防ぐことが出来たら、誰もが欲しい栄養素となります。ところが残念ながら、完全に防ぐことはできません。そもそもダウン症が発生することについて、明らかにされていないからです。
しかし、葉酸が細胞増殖に関係していることを思うと、葉酸を摂取することはとても意味のあることですね。